ブログBlog

ワインの最低限の知識

投稿日:2019年12月02日

帰山です

先日ワインバーに行くことがありましたので、せっかくと思いワインの基礎の基礎の基礎くらいでも勉強してから行けたらと思い、入門書を少し読みました。

ワインは難しいというイメージがありますが、気軽に飲むものだということ。
お店などでは、初心者は変に知ったかぶりをするよりも素直に店員などに聞くこと。ワインの好みは果実味、甘辛味、酸味、渋みなどポイントを押さえてさえいれば、好みのイメージを伝えればいいこと。

また、ブドウの品種も、非常にたくさんありますが。
赤ワインは、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、ピノ・ノワール
白ワインは、シャルドネ、リースリング、ソーヴィニョン・ブラン
の6種類を覚えておけば最低限OKとのことです。

IT業界的には、ワインで重要な味覚、嗅覚は、デジタルで伝えるには特に難しい部分ではありますが。ワインは知識が増えれば、より美味しく飲むことが出来るものだと感じました。

PAGE TOP